BREADFISHの新しいプランはスマホ対応!
なんて謳ってますが、その時によく聞かれることがあります。

本当にスマホ対応は必要なの?

そもそも「スマホ対応」とはなんでしょう。なにがスマホ対応なんでしょう。
BREADFISHのホームページは最近スマホ対応したのですが、実際にする前とした後でどう画面が変わったのか見てましょう。

まず、リニューアル前のスマホ未対応の画面

スマホ未対応のBREADFISHホームページ

ここに書いてある文字読めますか? そのままだと読めませんよね。
ですから、ピンチイン・アウトといって指でほわっとしながら(これ以外に表現が見つかりません)拡大・縮小をしながら読んでもらう必要があるのです。

さて、今度はリニューアル後のスマホ対応画面

スマホ対応BREADFISHホームページ

どうです? これで文字は読めるようになってきましたね。
元々の画像が小さいので例としてよくないのですが、実際、スマホでBREADFISHのホームページを見て頂くと、いちいち拡大しなくてもスムーズに読めるのがわかります。

そして同じホームページをパソコンで見ると、パソコン用に見やすくレイアウトされているのがわかりますか?

こうしてパソコンにはパソコン用に、スマホにはスマホ用に画面を最適化することが「スマホ対応」なのです。

個人的な話をすると、わたしはこの「スマホ対応」が嫌いでした。パソコン用の画面を携帯端末で見られるからスマホを持ち歩いているのに・・・という思いがあるからです。

しかし、わたしのそんな思いとは裏腹に、2015年4月にGoogleがこんなことを言い始めます。

「スマホで検索した時は、スマホ対応済みのホームページを優先的に出すけんね」

というわけで、今わたしはスマホ対応をみなさんにすすめているのです。
拡大・縮小しながら読んで頂くのも申し訳ないですからね。時代の流れには逆らえません。

もちろん、絶対何がなんでもスマホ対応しなければならないことはありませんが、もしホームページをリニューアルする機会があれば、スマホ対応考えてみてくださいね。

そして、今、BREADFISHで作成するホームページは「スマホ対応」です。

スマホ対応については、もう少し説明が必要です。また、後日書いてみようと思います。

著者紹介

丸山 泰地
丸山 泰地
・キリスト教会専門のホームページ制作事業「BREADFISH」代表
・これまで50以上の教会ホームページ制作に携わりました。
・「ホームページ制作屋さん」というより、教会の情報発信力の向
上をサポートさせて頂くのがミッションです。
・2015年にキリスト新聞で「スキルアップ講座 教会の情報発信術」を連載。「毎日更新してアクセスを増やせ」など間違ったホームページの考え方に警笛を鳴らした・・・つもりです。