キリスト教会専門のホームページ制作サービス

「ドメイン」「サーバー」とは?

ドメインは住所、サーバーは土地のようなものです

ホームページを立ち上げる時に必ず必要になるのが「ドメイン」と「サーバー」です。
普段の生活では、耳にすることのない用語ですね。

ホームページを開設するには、ホームページの内容を置く場所が必要です。
そして、その場所を指し示す住所を公開することで、ホームページの内容を多くの人が見に来ることになります。

ホームペーの内容を置く場所のことを「サーバー」と呼んでいます。

ホームページの住所のことを「ホームページアドレス」「URL」とよく呼びます。
電子メールをやり取りする時にも「電子メールアドレス」を使います。

ホームページアドレス(URL):http://breadfish.jp/
メールアドレス:nantoka@breadfish.jp

上記の赤い部分は、ホームページアドレスにもメールアドレスにも共通で使われているものです。
この「breadfish.jp」の部分を「ドメイン」と呼びます。

ドメインは、企業・団体毎に1つ取得するのが一般的です。
たとえばトヨタという会社の場合 toyota.co.jp というドメインを持っています。
トヨタ自動車のホームページアドレスは http://www.toyota.co.jp/
メールアドレスは (社員名)@toyota.co.jp
となっているはずです。

「うちほドメイン持っていないけど、ホームページ持っているよ」
という方もおられます。
その場合は、プロバイダなどの業者からアドレスを借りているのです。
「◯◯番地 ◯◯様方」みたいな感じですね。

http://www6.ocn.ne.jp/~japan-church/

上記の例ではOCNというプロバイダのアドレスを間借りしていることがわかります。
「www6」というのは何の意味があるかというと、OCN自体がたくさんマンションを持っているので、それを区分けするものだと思って下さい。
住所で言えば「A棟」「B棟」という感じですね。

しかし、やはりドメインを使うことをおすすめします。
先ほどの間借りの場合、プロバイダを変える毎にアドレスが変わることになります。
しかし、ドメインを取得して運用するとプロバイダを変えてもアドレスが変わることがありません。
ドメインを使ったアドレスは見る側にとっても分かりやすいというメリットがあります。
検索エンジン対策にもドメインを使った方が有利です。

いろいろ書きましたが、まずは、置く場所を「サーバー」、住所を「ドメイン」と覚えて頂ければ十分です。
別の機会に、サーバーやドメインについて深く書いていこうと思います。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 052-228-7857 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP