キリスト教会専門のホームページ制作サービス

教会HP制作で心がける3つのこと

相手(読み手)の立場に立つ

私が、ホームページを作る上で一番気をつけていることです。

自分の言いたいことではなく、相手の聞きたいであろうことを書く。

ホームページは「自分の言いたいこと」に終始しがちなんですね。
こんな牧師がいて、こんな説教をしています。
礼拝出席者数は100人を超えていて、地域宣教に力を入れています。
とても賛美が豊かな教会です・・・・。
私もホームページを作り始めの頃はそうでした。

しかし、ホームページの読み手が知りたいのは、そういうことじゃないんですね。
「教会はどこにあるのか。どうやって行くのか」
「何時から礼拝をやっているのか」
「駐車場はあるのか」
「子供を連れて行っても大丈夫か」
ということなんです。

特に、初めて教会へ行こうと思っている人は
「どんな服装で行けばいいのか」
「費用はどの程度かかるのか」
「しつこく勧誘されはしないか」
「牧師と話ができるか」
ということを不安に思っています。

みなさんのホームページは誰に見て欲しいですか?
神さまのことをまだ知らない方々ではないでしょうか。
説教集をホームページに載せたいという要望をよく頂きます。
しかし、その方々に難しい説教集を読んでもらうことは、本当に大事でしょうか。
もちろん載せていけないわけではありません。
それよりもっと大事な載せるべきことがあるのではないでしょうか。

自分の言いたいことよりも相手の聞きたいことを書くことが大事だと思います。
愛を説く教会のホームページには、愛が満ち溢れてるといいですね!
それはその人たちの目線で、その人たちが理解できるようにホームページを作ることだと思います。

目的を明確にする

なぜホームページを作るのか。
なぜホームページをリニューアルするのか。
これをしっかりと頭に入れておくことが大切だと考えています。

ホームページを作っていると、
「あれも入れたい」「これも入れたい」
となって、読み手にとって本当に必要な情報とそうでない情報が入り混じってしまいます。
結果、読みづらいホームページになってしまいます。

教会のホームページを作る目的は何でしょうか。
多くの場合、
「教会のことを知らない人たちに、教会のことを知ってもらうこと」
ではないでしょうか。

目的に従って考えていくと、ホームページに書くべき優先順位がはっきりします。
たとえば、「週報がダウンロードできるサービス」はよく見かけますね。
しかし、これは上記の目的に従うならば優先順位が高くないことになります。
集会案内、アクセスマップ、初心者向けのQ&Aや駐車場の案内、牧師・スタッフの紹介
こういう内容の優先順位が高くなります。
優先順位の高い項目を目立つ位置に配置していきます。

よく聞かれることがあります。
「掲示板をつけたいのですが」
しかし、目的を中心に考えると、「掲示板」はたいして重要ではないことが分かります。
むしろ、悪意のある書き込みがあった場合の対応など、
難しい対応をせまられることが多く、
労力がかかるものとなりますので、掲示板はおすすめしておりません。

このように目的を明確にして、
優先順位をつけてホームページの内容を検討する。
これがとても重要なことです。
ブレない分かりやすいホームページができます。

ターゲットを明確にする

皆さんの教会のHPはどんな人が見に来ると思いますか?
地元の人ですか?
地方から都会に出てきた若者ですか?

教会の大きな目的の1つは宣教にあると思います。
もちろん宣教は老若男女問わずでしょうが、特に重視している部分があるはずです。
田舎で若者がいない地域にある教会が、若者をターゲットにすることはないですね。
逆に都会の真ん中にある教会は、若い人をターゲットにするかもしれません。

教会ホームページは、その教会が一番重視しているターゲットに向けて書くと良いものができます。
「◯◯さんに読んでもらう」ぐらいのつもりで、特定の誰かをイメージします。
若い人を重視する場合は、若い人が好みそうなデザインにし、若い人が多く集まっている写真を使う。
そういう風に考えていくと、デザインや構成が決まってくると思います。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 052-228-7857 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP