キリスト教会専門のホームページ制作サービス

ブログ

第23回『おもてなし』の心でご案内

ホームページの中では、軽く扱われがちですが、実はとても重要な「アクセス」のページが今回のテーマです。「アクセス」とは、教会への行き方を地図などで説明するページです。重要だと書いたのは、教会に行ってみようと思われた方が必ず確認するページだからです。

Google Mapの例

CGNTV「キボウノトモシビ」でBREADFISH代表の丸山が出演させて頂きました

2016年12月、CGNTV「キボウノトモシビ」で教会の情報発信術についてお話させて頂きました。(全2回) 1回目は、「教会の情報発信術」を40分に凝縮してお届けしています。ぜひホームページやチラシを制作される前にご覧く …

第22回 教会に来る人のために「Q&A」を

今回のテーマは、「はじめて教会に来られるの方向けのページ」です。教会のホームページには、最低1ページ、こういうページがあるといいですね。ここでは、はじめて教会に足を踏み入れようとしている人の不安を払拭するような内容が中心になります。

よくある質問

第21回 集会案内は懇切丁寧に

教会ホームページの原稿の書き方のポイントを説明するシリーズ、今回は「集会案内」のページです。礼拝や祈祷会などの各種集会の案内が記載されるスペースですね。 「集会案内」のページは重要です。教会の一番大切な礼拝の情報が載っているからです。ホームページを見て、この教会に行ってみようと思った人は、必ず見ます。

いの★フェス2016名古屋 情報発信術ワークショップの動画公開中です!

2016年11月5日に行われた「いのり★フェスティバル名古屋 2016」の中でワークショップ「実践!! 教会の情報発信術」を担当させて頂きました。 その様子の動画が公開されていますので、ご紹介させて頂きます。スライドが少 …

第20回 「教会案内」はゲストをガイドするように

トップページ以外でよく作成されるページは「教会案内」「集会案内」「Q&A」「アクセス」「お問い合わせ」です。これらを順にみていきたいと思います。 今回は「教会案内」のページです。

第19回 わずか1回、数秒で何を伝えるか

教会のホームページは「ごあいさつ」から始まるのがふさわしいように思います。企業のホームページでは最近このようなあいさつは省くことが多いのですが、教会のホームページではあると良いですね。

第18回 トップページは読み手のニーズを考えて

。ホームページで最も重要なページは「トップページ」ですね。ホームページの起点となるページで、ほとんどの人がこのページから見始めるからです。 しかし、ホームページにアクセスしたすべての人がホームページをしっかり見るわけではありません。

第17回 検索されるキーワードを想像する

今回は「検索エンジンを意識する」ことがテーマです。検索された時になるべく上位に表示されるように原稿を作ることを考えます。「原稿と検索、どういう関係があるの?」と不思議に思うかもしれません。検索の仕組みについて少し説明をしましょう。

第16回 読み手の立場で専門用語は使わない

今回は第二のポイントとして「専門用語を使わない」ということを取り上げたいと思います。 わたしたちは信仰生活を重ねていくうちに当たり前のようにクリスチャンにしか分からない「クリスチャン用語」を使っています。 

第15回「伝わる原稿」のためにたくさん書く

とにもかくにも、まずお伝えしたいことは「たくさん書く」ということです。 「教会の概要を書いてください」とお願いした時に3行程度しか書けない方がいらっしゃいますが、どんなに少なくとも原稿用紙1枚(400字)程度は書いていただきたいところです。

第14回 ホームページの原稿は構造的に

この記事は、2015年にキリスト新聞で1年間した「スキルアップ講座 教会の情報発信術」を、さらに修正を加えて2016年度版として公開するものです。キリスト新聞はキリスト教界の最新情報を毎週まさに新聞という形で届けてくれ、 …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP